ガールズバーで働くなら全身脱毛

ガールズバーで働くなら全身脱毛をしよう

ガールズバーで働くなら全身脱毛をしよう

ガールズバーとひと口に言っても様々なスタイルがある

いまや、どの夜の街でも珍しくなくなった「ガールズバー」。
バーテンダーはほぼ女性、ときにはおしゃべりを愉しむこともできるとあって、
主に男性からの人気を集めているショットバーを指します。

そんな「ガールズバー」ですが、実は様々なスタイルが存在しています。
女性バーテンダーの衣装は、私服風からコスプレ、
中には露出度の高いセクシーなものも存在しています。
サービスに関してはドリンクの提供など、 通常の“バーテンダー”が提供しているサービスに加え、ゲームを愉しんだり、中にはツーショット撮影が可能な場合も。
店舗は、ガールズ“バー”とは言いつつも居酒屋スタイルに近いなど、

まとめると、キャバクラとは異なり、お客様の横に座っての接客も、セクシーな衣装も、マストではないのが、ガールズバー。
ただ、異性のお客様からの視線を常に浴び続けることは間違いなし。
お肌やムダ毛など、気の抜けないお手入れはマストであるということができそうです。

お客さんとの距離が近く、肌に目が行きやすい

キャバクラの場合、お客様の隣に座っての接客がマストです。
しかし「ガールズバー」は、バーテンダーが女性ばかりの“バー”を指します。
そのため、ショットバースタイルの店舗であれば、バーカウンターを挟むでしょう。
お客様の席に着くといった接客は、基本的にはほとんどないと考えて良さそうです。

ただ、最近は様々なスタイルが登場している「ガールズバー」。
ショットバースタイルのほか、一緒にゲームを愉しめたり、肌の露出度が高めなセクシー系をウリにしていたり、中には撮影が可能な店舗も。

視線を集めることはもちろん、時には、お客様と非常に近い距離まで接近しなくてはいけないシーンもあることでしょう。
遠目では分からなかったかもしれない、お肌のお手入れ不足。
それは顔だけではありません。腕や脚、時には背中にまで、お客様の視線が・・・
気の抜けないお手入れが全身に求められてしまうといっても、過言ではないのです。

セクシー系、コスプレ系では肌の露出が増える

ときには、私服でも働けるのが「ガ―ルズバー」。
キャバクラなどでよく見られる、いわゆる“ドレス”でなくともOK。
そのあたりのハードルの低さからも、「ガールズバーなら働けるかも?」と考える女性も、中にはいるかもしれませんね。

ただし、「ガ―ルズバー」とひと口に言っても、最近は居酒屋風の店舗も登場するなど、さまざまな種類が存在しています。
お嬢様ふうだったり、メイド服やコスプレ、
中には、肌の露出度の高さをひとつのウリにしている店舗も中には存在します。

また、お客様からの視線を集めることも、「ガールズバー」で働く際には仕事のうち。
なおかつ、視線の主は男性であることがほとんどです。
セクシー系はもちろん、コスプレ系でも、
露出度高めな衣装が好まれる傾向があることは、知っておいて損がなさそうです。